FC2ブログ

【19/12/01 レース評】トウカイオラージュ 猪名川特別V

2019年12月01日
0
0
オルフェーヴル産駒レース評
阪神10R 3歳以上2勝クラス 猪名川特別 芝1400m トウカイオラージュ 牡3 松若 56.0
調教師 長谷川浩 (栗東)
馬主  内村正則
生産者 平野牧場
父オルフェーヴル 母トウカイミステリー(母父キングカメハメハ)

1着 トウカイオラージュ(松若風馬騎手)
「ゲートもスムーズに出ましたし、良い競馬ができました。交わすときも手応え抜群でしたし、追ってからもしっかり反応していました。完勝でしたね。上のクラスに行っても楽しみです」
(ラジオNIKKEIより)

4枠4番(青) トウカイオラージュ(4番人気)

1着④トウカイオラージュ
2着⑨ガゼボ
3着⑩インヘリットデール


(レース評) 4枠4番(青) トウカイオラージュ
191201トウカイオラージュ1
まずまずのスタート。
そのまま1番ユアスイスイを前に行かせて2番手からの競馬。

191201トウカイオラージュ2
実況A「ユアスイスイがスイスイと~」
このフレーズが耳に残る。
600m、33.7秒は1200m戦のように早いけど、開幕2日目の今日は前が止まらずで大体前掛りになっていた。

191201トウカイオラージュ3

191201トウカイオラージュ4
松若JKのコメント通り、直線でも手応え抜群。
バテたユアスイスイを交わし直線半ばで先頭に立つ。

191201トウカイオラージュ5
最後は流す余裕もある勝利。
2馬身差の2着に1番人気ガゼボ、さらにクビ差の3着に2番人気インヘリットデールが入った。
人気のインヘリットデールは出遅れが痛かった。
勝ちタイムは1分19秒6(芝良)


(ハロンタイム)
12.3 - 10.5 - 11.0 - 11.2 - 11.2 - 11.7 - 11.7
9R万両賞のカリオストロ牝2が同コースを1分20秒4のレコード勝ち。
京都と違い、かなり軽い高速馬場。

トウカイオラージュがこの馬場に対応出来たのは意外だったが、
母父キングカメハメハだし軽い馬場の方がいいのかもしれない。

しかしこの充実振りは、
①3走前からの差し、追い込み脚質からの脚質転換。
②長谷川厩舎への転厩。
③オルフェーヴル産駒の3歳秋以降での成長力。
それぞれが噛み合ったものでしょう。

更に4歳秋以降、5歳秋以降にオルフェ産駒は成長する予定なので当馬もOPへ行けるかな?


(おまけ)
猪名川特別で3勝目を挙げたトウカイオラージュは、北九州記念(G3)を勝った母トウカイミステリーの中で1番の成功産駒と言える。
兄姉のリーディング上位、ダイワメジャー、ディープインパクト、ハーツクライ産駒よりも、オルフェーヴル産駒が活躍しているなんて嬉しい限りの勝利でもありました。

にほんブログ村 競馬ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



ThetisNumber
Posted by ThetisNumber
オルフェーヴル産駒を見守る人

Comments 0

There are no comments yet.